S1000RRとM1000RRはどちらを買うべきか

スーパースポーツ系統を購入しようと考えている方は様々なメーカーから自分の感性に合ったバイクを選択することになる。スーパースポーツ自体はどこのメーカーも出しているので、特殊なカテゴリというわけではないが、BMWにしようと決めた時、次に二つの選択肢が現れる。今回はS1000RRを買うべきなのか、M1000RRを買うべきなのかという話をしていこうと思う

2台の仕様の違い

S1000RRは初期モデルの発売から10年以上が経過しており、現在は2代目となっている。S1000RRは国産キラーとまで言われた性能を有しており、CRR1000RR-Rが発売されるまでは吊るしの状態で最も早いバイクなんて言われていたとか言われていないとか。

一方M1000RRは2021年に発表、発売されまだとても若い車種といえるが、ほとんどはS1000RRと共通しており、M1000RRは「ほぼ」S1000RRと同じといってもよいかと思う。しかし、当然細かい部分は変更されており、

  • Mウィングレット装着
  • エンジン出力の違い
  • リアサスペンションの違い
  • 多数のカーボンパーツが付く
  • フルチタンマフラー装着
  • フロントフォークのセッティングが違う
  • 各所Mパフォーマンスパーツ装着
  • カラーリングの違い

などといった部分が変更になっている。S1000RRは2,330,000円~、M1000RRは3,783,000円~となっており、M1000RRコンペティションについては4,280,000円というかなりの高額設定。今後どうなるかわからないが、私が購入するときは、コンペティションしか購入できないとのことだった。なので、M1000RRを買うには4,280,000円を用意しないといけないということになる。上記の違いを魅力ととれるかどうかが選択の鍵を握るということになりそうだ。

絶対に変えられない部分

上記でも書いた通り、M1000RRはほとんどS1000RRと共通したパーツを使用している。また、カーボンパーツや、Mパフォーマンスパーツを多用しているが、これらはS1000RRを購入しても選択することが可能だ。そのため、S1000RRの値段にこの辺りのパーツの値段が乗っかった結果ともいえる。しかし、M1000RRにしか設定されていない部分もあり、

  • Mウィングレット
  • リアサスペンション
  • フルチタンマフラー
  • エンジン出力
  • フロントフォークセッティング(物自体も違うかも)

といった部分は専用になっているのでS1000RRをどんなにいじっても完全に真似することはできない。逆に、

  • 各所カーボンパーツ
  • Mパフォーマンスパーツ

に関しては真似ることが可能で、カラーリングに関しても純正オプション設定はないが、お金をかけて強引に専用塗装を行えば近づけることも可能かもしれない。

乗り味の違い

乗り味に関しては私はプロレーサーではないので細かいことは説明できないが、S1000RRからM1000RRに乗り換えて一番最初に思ったのはコーナリングが案外重く感じたということ。BMWmotorrad最強クラスの車体なのですから、カミソリ以上の切れ込みを見せてくれると思っていたのだが意外ともっさりとしていたことに驚いた。

これに関しては、フロントフォークのセッティングが直進性に振ってあり、ホイールベースもM1000RRの方が長いということから生まれた違いかと感じた。もちろん本当に微妙な差だし、それでもよく曲がる。サーキットで使えば、レブリミットが500rpm増えたことや、軽くなったことなど受けれる恩恵は大きいと思う。しかし、公道ではその辺の違いは感じることができず、ただただとてつもなく早いバイクだなと感じる部分はS1000RRと変わらない。

この記事を書いている時点でもうすぐ1000キロになり、それなりに乗ってきたわけだが、最近では上記で書いたコーナーのもっさり感は全く感じない。今ではキレッキレのコーナリングマシンだと思わせてくれる。当時もっさりしている感じたのも、納車するためにS1000RRでディーラーに行き、M1000RRに乗り換えた時に感じたことなので、その比較対象がない今はもっさりしているとは全く感じない。

それぞれのメリット

S1000RRとM1000RRは非常に似たバイクだが、それぞれにメリットがあり、どちらが優れているということを決めることはできないと考えている。もちろん性能だけで言えば、M1000RRに軍配が上がるが、価格であったり、細かい味付けであったりと基準とするポイントは人それぞれだろう。

S1000RRのメリット

  • 価格が安い(M1000RRに比べて)
  • 倒し込みが若干軽い

M1000RRのメリット

  • 超高性能(ボディパーツ含めて)
  • 専用のカラーリング
  • 希少性

簡単ではあるが私としてはこんなふうに棲み分け出来るのではないかと思っている。これらを考慮して私個人の意見を書かせてもらうとサーキットでガシガシ使う方はS1000RRの方が向いていると感じる。

逆にM1000RRは、真にタイムを出さなければならない人か、希少性から鑑賞、自慢目的の方に適していると思っている。私は完全に鑑賞、自慢目的でM1000RRを購入したといえる。

サーキットで使い倒すならM1000RRの方がよいのではと思うかもしれないが、428万円のバイクを常に大破の可能性の横に置いておくことは気が引ける。S1000RRも決して安いバイクではないが、M1000RRに比べれば半額近い値段になるため、万が一のことも考えて(百に一つくらいかもしれないが)いくらか気楽に使えるS1000RRの方がサーキットに適していると思える。また性能差もとてつもなくあるわけではなくアマチュアレベルであれば誤差の範囲だろう。

公道レベルの走行に関してはほぼ違いがないといえるが、事故の危険性を考えれば若干S1000RRの方がよいかと思う。高額の車やバイクは常に事故との戦いで、リスクを高くするか低くするか悩むところ。また、リセールの観点からM1000RRに関して言えばそう易々と走行距離を伸ばしてよいのかという部分も悩ましい。

ということで私が出した答えは、

サーキットで使う → S1000RR

鑑賞用にする、自慢目的 → M1000RR

日常のツーリングしかしない → S1000RR

といった結果にした。この場合、鑑賞、自慢の目的が入ると、サーキットで使おうがツーリングで使おうが、M1000RRを選択するという判断になる。もちろん予算が許せばということになるが。

やはり価格差が倍あるので、M1000RRのメリットは小さくよほどの思い入れがない限りM1000RRを選択するということはないと思う。(私が言うのもなんだが)

最後に

M1000RRを購入するメリットは小さいと言いながらも私はM1000RRを選択した。鑑賞、自慢に使うとは何とも小物っぽいところがあるが私にとっては428万円を出しても購入する価値があると判断した結果だ。

ただ、これはあくまでも私の感覚での答えであり、どちらを選択するかは人それぞれだと思う。ほしいけど金銭面で購入できないという方もいるだろうし、納期わからないから買えないという人もいるだろう。
もしS1000RR、M1000RRのどちらを買おうか迷っている方がいて、少しでも参考になればと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です