夏は暑すぎて朝しかバイクに乗る気がしない

現在の日本は夏ですが、皆さんバイクに乗っていますでしょうか。私は全然乗っていません。実際には少し乗っているのですが、暑すぎて日中の長距離ツーリングなどは控えています。私は軟弱ものなので、夏はバイクを少しお休みして、もう少し涼しい季節がやってくるまで休止中です。




夏でも朝は最高のバイク日和

日中の長距離ツーリングは控えていますが、朝活はしています。太陽が登り切る前の涼しい時間帯にバイクに乗るようにしています。夏であっても早朝であればかなり涼しく、道も非常に空いているため、気持ちよくプチツーリングが可能です。長くても片道30分程度の場所としており、お気に入りの場所で飲み物を飲んで少しぼーっとしたら帰るという楽しみ方。

こうやってちょこちょこバイクに乗るということはこれまでしてきませんでした。というのも、どうせバイクに乗るならガッツリ乗りたいという気持ちがあったのですが、こうやってちょこちょこ乗っているとこういう付き合い方も悪くないと感じます。

騒音には気を使う

出発は早朝6時〜7時くらいの間なのですが、この時間帯はまだ寝ている方もいらっしゃいます。なので、出発のエンジン始動は速やかに行い、すぐに家を出るようにしています。RnineTは結構控えめな音量なのでそれほど迷惑にならないかもしれませんが、M1000RRはかなりうるさいので気を使います。コールドスタート時の音が異常に大きいので、車庫の中でコールドスタートを終え、その後走り出すこともあります。

バイクは車に比べて圧倒的にうるさい乗り物ですので、少々気は使いますね。




SNSでは多くの人がバイクに乗っている

暑くてバイクに乗らない代わりに、クーラーの効いた部屋でSNSを見ると多くの方がバイクを楽しんでいます。みなさん暑い暑いといいながらも楽しんでいるようで、こういった投稿を見ると私も少しだけバイクに乗りたくなるのも事実です。そのため、涼しい早朝に乗っているという感じですね。

ただ、私の仲間内に「暑くてもバイクに乗ろう!」と言い出す人がいれば話は違うのかもしれません。残念ながら私の周りには夏場でもバイクに乗ろうと言い出す人はおらず、どちらかというと涼しくなれることをしようという人が多いです。もしこの暑い中でも周りがバイクに乗るという話になるなら私も喜んでバイクに乗るのかもしれません。やはり趣味には仲間は重要な要素ですね。




最後に

夏は暑くてバイクに乗らないという話でした。ツーリングなどでは全くバイクに乗っていないのですが、それ以上に暑いサーキット走行はちょこちょこと実施しています。しかし、2、30分を何本か分けて走るため、確かに暑いのですが、走っている際はあまり暑さを感じません。それ以上に集中して運転しているので「暑い」と考える余裕がないわけです。もちろんバイクを降りた時にその暑さに気がつくわけですが。

もう少し涼しくなったらキャンプツーリングをしてみようかななんて思っています。RnineTでのキャンプツーリンはまだ1回しかいったことがないので今から少し楽しみですね。

関連記事

バイクで面倒くさいのは出発準備すること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です