サーキット専用バイクは何を選ぶべきか

最近サーキットにすっかりハマってしまっているダルマッサイです。我が家には一応M1000RRという主にサーキットで使用するバイクは所持しているものの、その圧倒的なパワーを使いこなすことができないためもう少し低パワーのサーキット専用バイクが欲しいな、なんて思っているわけです。今回は買うとしたらどんなバイクがいいか考えていきたいと思います。




排気量に関して

まずは排気量ですが、ここでは3択になるかなと思います。50ccクラスにするか、100ccクラスにするか、250ccクラスにするかという3択ですね。私の技量を考えると、50ccか100ccがちょうど良さそうなのですが、現在参加しようとしているレースでは250ccクラスとなっているため、ターゲットは250ccかなと思っています。

ちなみに100ccの場合、NSF100が上がると思います。

ミニサーキットではちょうどよさそうなのですが、モビリティリゾートもてぎなどでは流石に小さいかなとと感じています。250ccでいくら練習を積んでも1,000ccクラスを扱い切れるということはないと思いますが、それでも100ccよりはスピード感になれることが出来るかなと思い、250ccなわけです。

車種

さて250ccの車種となれば様々な選択肢が生まれます。バッと思いつくだけでも

  • CBR250RR
  • CBR250R
  • NSF250R
  • YZF-R25
  • Ninja ZX-25R
  • Ninja 250
  • GSX250R

などなど国産4メーカーの250ccスポーツバイクが上がります。ただし、最近私が参加したNEO STANDARDというレースに関していうと、

  • CBR250R
  • VTR250
  • YZF-R25
  • NInja250
  • G310R

といったクラスがあり、CBR250RRや ZX-25R、GSX250Rなどは走ることができなさそうな感じですね。

G310Rに関してはBMWmotorradのバイクとなり、排気量は310ccなわけですが、パワーの関係上か、気筒の関係上か、NEO STANDARDにエントリーすることが可能です。どこをターゲットにするか非常に悩ましいところです。




個人的な好み

レースなど全く気にしないのであれば、個人的に好きなのは Ninja ZX-25Rです。これはもう発売されないだろうとされていた250ccクラスの4気筒バイクとなっており、高回転時の音は非常にレーシーで素晴らしいです。

サーキットに行くと、多くがCBRやYZFで走られている方が多く、 Ninja ZX-25Rで走られている方はあまりいません。それでも1台くらいは見かけ、唯一圧倒的なサウンドで周回を重ねています。

個人的には一般道を走るだけであれば単気筒も2気筒も好きなのですが、レーシングサウンドとなると、やはり4気筒の方が美しい音色です。なので音だけでも十分 ZX-25Rを選択する価値はあるなと個人的には思っています。

色々考慮した場合

サウンドは圧倒的に ZX-25Rなわけですが、様々なレースにはエントリーできない可能性がありますので、そうなりますと、NEO STANDARDにエントリーできるバイクが有力にもなります。この中でVTR250はすでに生産が終了していますので選択肢から除外すると、CBR250R、YZF-R25、 Ninja250、G310Rの4種ということになります。

この中で考えるとYZF-R25なのかなと考えてしまいます。というのもCBR250Rに関していえばRRが欲しいと持ってしまいますし、 Ninja250ならやはり ZX- 25Rが欲しいと思ってしまうからですね。

好みと、実際の状況に差があるのでもう少し考えて行きたいと思います。




G310Rという選択

ところでG310Rですがこれも選択肢にないわけではありません。実際にNEO STACDARDはG310Rで走っているわけですし(借り物ですが)乗り味もある程度わかっています。また私はBMWmotorradとのお付き合いが多いので全面的にバックアップしていただけるだろうという意味も含めてありです。さらに ZX- 25Rと比べて圧倒的に値段が安いのでお財布にも優しいです。

しかしG310Rは無しなのです!!

というのも最近G310RRというバイクが海外で発表されました。

このバイクはこれまでのG310Rをベースにスポーツ化したバイクとなっており、サーキット仕様にするにしてもG310R以上に安価で製作することが可能です。G310Rは元々ネイキッドバイクなので、セパハンにしたり、バックステップにしたり、カウルをつけたりとレース仕様の改造を施せばあっという間に車体くらいの値段になってしまいます。その点G310RRであれば、保安部品を外し、ヘッドライトを潰してレース規定の小物を取り付ければ走ることが可能です。あとはマフラーやサスを交換すればほぼ完成でしょう。そう考えるとBMWmotorradのバックアップを受けながら比較的安価でレース車両を完成させることが可能になりそうです。

レースに参加するかしないか

このバイク選びは自分の車両でレースに参加するのか、しないのかという部分が非常に重要になってきます。

レースに参加しない → ZX-25R

個人的にレースに参加する → YZF-R25

BMWmotorradとレースに参加する → G310RR

という感じになりそうです。とはいえ個人的にレースに参加すると言ってもそんな仲間はいません。レースは1人では絶対に参加できないコンテンツなので、どうしても仲間の援助が必要になります。そうなった場合、G310RRが最有力となります。

しかし、レースレースと言いますが、普通にフリー走行を楽しむのだってサーキットライフです。なのでレースにこだわらず、自分が好きでかっこいいと思っているバイクに乗るのも全然アリだと思っています。




まとめ

ということでここまでをまとめてみます。現実的な部分を考慮して順位をつけるとすると

  1. G310RR
  2. ZX- 25R
  3. その他

という感じになりそうです。G310RRに関してはまだ日本で発売されるという発表もないのでどうなるかわかりませんが、価格が圧倒的に安いのもポイントです。サーキット走行はいつか絶対転倒するでしょうし、破損した時の修理費のことも考えなければいけません。本体価格が安ければそれだけパーツも安くなるので、 ZX- 25Rより G310RRの方が安くすみそうです。

と、ここまで色々考えてきたわけですが、実際にバイクを買う予定はありません。今シーズンはM1000RRであったりCB400SBであったり借り物のG310Rであったりでサーキットを走行しつつ今後どうしたらいいのかということを考えていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です