バイク用プロテクターの大切さ

みなさんはバイクに乗る際、どんな服装で乗っていますか。カジュアルな服装という方もいると思いますし、メジャーなバイクウェアメーカーの製品を着ている人、レーシングスーツを着ている人など様々いると思います。今回はバイク用プロテクタに関して話をしていきたいと思います。

関連記事

ダウンフォースジャケットとサイドポッドエアジャケットの実物を見てきた




バイク用プロテクタはめちゃくちゃ重要

みなさんはバイク用のプロテクタを意識していますか。私はめちゃくちゃしています。バイクに乗り始めた若かりし頃は半袖短パンでバイクに乗るなんてこともあり、マフラーで火傷したことも良い思い出です。しかしこれはたまたま大きな事故に出くわさなかったら今があるわけで、あの時大きな事故を起こしていればもしかしたら2度とバイクに乗れない後遺症を持ったかもしれませんし、この世にいなかったかもしれません。

現在は転んだ時のことを考えて最低限でも自分のダメージを軽減できるようにプロテクター入りの上着と、パンツを着用してバイクに乗っています。走行する距離はあまり関係なく、基本的にはバイクに乗るときは大抵つけいています。

もちろんガチガチにアーマーを纏っているとは言いませんが、最低限肘や膝、背中などを保護しているものを着用するようにしています。最近ですと、転倒時にハンドルが胸に刺さるといった例も多々あるようで、胸部プロテクターも重要とされています。

プロテクターは大きな事故はもちろん小さな事故でもかなりダメージを抑えることが可能です。上はプロテクター入りだったから無傷だったけど、下は普通の服で走ったため、膝が砕けたなんて話も聞きます。脊椎など体の大切な部分を守ることはもちろんですが、体の中でも肘や膝など角が立つ面を防御することで比較的小さな転倒からもしっかりと体を守ってくれるかと思います。

プロテクターの種類

プロテクターには様々なメーカーから様々なタイプが売られていますが、大まかに分けると

  • ウェアと一体になっているもの
  • ウェアの下に着るもの
  • ウェアの外の着るもの

などがあります。一般的なのはウェアと一体になっているもので、バイク用品店で売られている多くのウェアがプロテクタ入りとなっています。

一体型ウェアのデザインが気に入らない場合は中に普段着の下に着るタイプのプロテクタもありますし、同様にプロテクタが普段着の外に出てくるタイプもあります。




バイクウェアはかっこい悪い?

バイクウェアの好みは人それぞれですが、私にとってはあまり好きなデザインがない場合が多いです。そういったときに重宝するのが内側に着るタイプのプロテクターです。

このプロテクタは柔軟な素材で作られており、上着の内側にある程度余裕があればどんなものもプロテクター入りバイクウェアに早変わりします。少々ごわつくので一体式には敵いませんが自分の好きな服でバイクに乗れるのは良い部分です。

また、バイクウェアの争奪戦はシーズン前から始まっており、シーズンインしてからウェアを探しに行っても欲しいサイズが既に売り切れているということが多々あります、なので今シーズンはウェアを新調しようと思って入る方は早めに確保することをお勧めします。

家族への安全アピール

バイクに対して明るい家庭であれば、危険なことは承知でも家族からバイクに乗ることを反対されないかもしれません。しかし、バイクは危険だから許したくないというご家庭もあるでしょう。バイクを買おうと思っている方で、家族から反対されているということであれば、このプロテクターを着用することを条件にバイクの許可をもらってみるというのも一つの手段かもしれません。もちろんプロテクターでは防ぎきれない事故もあると思いますが、圧倒的に体のダメージは抑えられると思います。バイク用品店へ家族でいき、展示してあるウェアを手に取って確かめてみてもらうのも良いかもしれません。




私の安全意識が高まった理由

私は半袖短パンでグローブもつけず半帽をかぶってちょっとそこまでということはほとんどしません。昔はしていたましたが最近ではやはり身の安全を守ることを第一としています。バイクによる事故は怖いということを強く認識してきたということになりますが、その一番の理由はSNSだと思います。

SNSでは良くも悪くも「事故を起こした」という内容が上がることがあります。その内容は大小それぞれですが、人によっては入院するなど大怪我につながっている投稿も見かけます。まだSNSがなかった頃は他人の怪我のことなど全く知る由もありませんでした。バイク雑誌に「怪我特集!」なんてあるわけないですからね。私の周りに大きな怪我をした人がたまたまいなかったために「バイクは別に危険じゃない」なんて思っていたのだと思います。

怪我をイメージしたとき、完治する怪我をイメージすることが多いと思いますが、バイクは無防備で乗れば、完治しない怪我をしてしまう可能性が高い乗り物です。普段の生活ではそれほどの怪我はそうそうしないと思いますが、バイクに乗っている以上は十分にあり得る話です。

プロテクターなんて必要ないと思っている人もいるかもしれません。プロテクターはダサいと思っている人もいるかもしれません。しかしバイクとは自分の体があってこその乗り物です。バイクはお金をかければ直せますが体はどんなにお金を積んでも直せないかもしれません。もちろんレーシングスーツ並みに防御しようということではありませんが、通常のライディングの邪魔にならない程度にはプロテクターを装着するべきだと思います。




最後に

私がよく想像してゾッとするのは高速道路を走行しているときに、何らかの原因で転倒してしまったとき、プロテクターを装備していなかったらというシチュエーションです。膝と肘は擦り減って無くなってしまうんじゃないかと想像し怖くなります。もちろんそうならないように安全運転が必要ですし、アーマーも着用してバイクに乗っています。これまでプロテクターに興味がなかった方は将来的にも自分のことを考えて、今一度見直してみてはいかがでしょうか。特にプロテクターをカッコ悪いと思っている人がいたのなら、そんなことはありません。プロテクターを纏っているのはとてもかっこいいことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です