S1000RRがM1000RRに勝る部分はあるのか

S1000RRとM1000RRはほとんど同じ車体ではありますが、両者の違いはM1000RRに専用装備が搭載されていたり、カーボンパーツがふんだんに使われていること。しかしその分価格にも大きく影響されていて2倍とまではいかないが、M1000RRが非常に高い。M1000RRはS1000RRの完全上位互換というイメージがありますが、S1000RRがM1000RRに価格の安さ以外に勝る部分はないのだろうか。




それぞれの価格

まずはそれぞれの価格をおさらいしてみましょう。オプションは何も付けていない状態で

  • S1000RR レーシングパッケージ 2,599,000円
  • S1000RR Mパッケージ 2,851,000円
  • M1000RR Mモータースポーツ 3,783,000円
  • M1000RR Mコンペティションパッケージ 4,280,000円

となっています。

各車種の違い

詳しい詳細は別の記事でも書いているのでここではさらっと特徴だけ書きます。パッケージは頭文字をとって省略させていただきますが、

  • S1000RR RP もっとも安価。価格を抑えたい人向け
  • S1000RR MP カーボンホイールがお得。迷ったらこれ
  • M1000RR MM 性能が向上し、専用パーツがついたモデル。日本では買えないかも
  • M1000RR MC 性能はMMと同じだが、カーボンパーツてんこ盛り

という感じ。基本的に公道よりもサーキットを得意とする車種なので、一番性能が高いのはM1000RR Mコンペティションパッケージということになるのですが、実はS1000RRにあってM1000RRにないものが一つだけある。




電子制御サスペンション

そう、S1000RRにしかない装備といえばDDC。DDCとはダイナミックダンピングコントロールの略で、所謂電子制御サス。最近の高級バイクによく搭載されている、任意にサスペンションの硬さを変えることができる装置です。

M1000RRは本気でサーキットを走る人向けに作られているためサスペンションの設定は非常に硬く、一般道では本当に乗りにくい。減衰の調整は可能ですが、ハンドル周りのボタンから簡単に変更できる訳ではなく、いちいち降りて調整が必要。それに対してS1000RRは、ボタン一つサスセッティングを簡単に変更でき、サーキットで使うもよし、一般道を走るもよしという形で作られています。用途に合わせて硬くしたり柔らかくすることが可能で、それを走りながら選択できるというのがDDCを持つS1000RRの強みなのです。

S1000RRの電子制御サスペンション

S1000RRに搭載されている走行モードは5段階となっており、サスペンションの硬さはそれぞれ

  • RAIN ー COMFORT
  • ROAD ー COMFORT
  • DYNAMIC ー PEEFORMANCE
  • RACE ー TRACK
  • RACE PRO ー TRACK(任意設定)

となっています。基本的には3段階の硬さを選択することができ、PROではさらに細かく設定が可能。私が過去に所持していたS1000RRレーシングパッケージにもDDCはついており、RACEモードにすることはありませんでしたが、RAIN、ROAD、DYNAMICあたりをいじって遊んでいました。

ここで注意してもらいたいのは、COMFORTだからと言って劇的にサスが柔らかくなる訳では無いということ。もちろんM1000RRなどと比べればかなり柔らかく感じますが、普通のバイクからすればかなり硬い部類に入ると思います。そのため、普段は柔らかくて最高の乗り心地というわけにはいきません。私の感覚では「それでも硬い」といった感じでした。

乗り心地か性能か

ということで性能のM1000RR、乗り心地のS1000RRという考え方ができそう。これは使用用途によって決まるため、一概にどちらの方が優れているということは言えないと私は考えています。もちろんサーキットを走るという分野においては、M1000RRが勝っていると思いますが、総合的に考えたらM1000RRのサスペンションは公道使用には正直きつい。逆にS1000RRはRACEモードを使えばサスは最大まで硬くなるし、その日の走る場所に合わせることができるのだから、こちらの方が安くて優秀という考え方もできると言えます。

あとはカラーリングの違いがあり、HPカラーはM1000RRと似たような配色ですが、ブラックストームメタリックや、ホッケンハイムシルバー、ミネラルグレイ・メタリックなど単色系の車体に乗りたい方はS1000RRを選択する形になります。過去にはレーシングレッドというカラーもあり、私はその色を所持していました。

そしてM1000RRはMカラー1色となります。




最後に

私の場合サーキットをそこまで走る訳でも無いので、用途的にはS1000RRの方が適していると思います。しかし私がM1000RRを選んだ理由は、このカラーリングと、カーボンをふんだんに使った美しさ。観賞用にもなっているため、M1000RRの選択でよかったと思っています。

関連記事

S1000RRはいくらで売れた!? BMWmotorraad

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です