バイクより先に買うものは何か

私はこれまで車でもバイクでも欲しいものを優先して購入してきました。

もし必要なものがあるなら我慢するか、あとから買えばいい。とにかくほしいバイクをすぐに欲しいという気持ちで買い物をしてきたわけです。
しかし、少し前にその価値観が少し変わり、バイクよりも先に購入しなければいけない物を見つけてしまいました。

今回はそんな私の話をしていきます。




先に買うのは保管場所

先に答えを言ってしまいますと、バイクよりも先に保管場所を確保するということです。

保管場所、言い換えればガレージ、車庫といったものですね。
現在私のバイクは仮の車庫に入っており、現在はバイク専用の車庫を建設中です。

しかし中にはガレージなんて手に入れることはできないという人もいると思います。予算的な問題だったり、土地的な問題であったりですね。

もちろんマイガレージを手に入れられるのであればそれに越したことはありませんが、レンタルでも問題ありません。とにかくちゃんと保管できる場所を確保することが大切だと感じています。

バイクを購入するために引っ越した

私は東京に住んでいた際、普通のアパートに住んでいました。
田舎のアパートですので、駐輪場も広く、そこに200DUKEとVTR250を保管していました。

しかし、もう少し価格の高いバイクに乗りたいと思ったときに、まず頭をよぎったのは、「この場所に置いておくのは無理がある」ということでした。

盗難の危険もあり、隣には子供用の自転車もある。自転車が倒れて傷つけられるかもしれないし、もしかしたらバイクが倒れてしまって、他人を怪我させてしまうかもしれない。

そんな風に思うと、とてもこの場所で高価なバイクを購入するという決断はできず、まずはバイクを保管することができる家を借りようという結論に至りました。

借りた家は一軒家で、このブログでも過去の記事でそのことを書いているので割愛しますが、自分だけのバイク置き場を手に入れてからバイクを購入しました。

その時購入したのはBMWのR1250Rというバイクでしたが保管状況に関しては概ね
満足していました。しかし更なる不安が生まれます。

M1000RRを購入する

R1250Rも十分高価なバイクでしたが、さらに当時M1000RRの予約を入れました。

すぐには納車されないと思ってあまり深くは考えてはいませんでしたが、いくら自分専用のバイク置き場があるといっても盗難に対しては決して強くはありません。
本気で盗もうと思ったら簡単に盗むことは可能だったと思います。

また、私は仕事で家を空けることが多く、R1250Rの時代でも、久しぶりに家に帰る際はバイクが盗まれていないかドキドキしました。
結果的には盗難されてはいなかったわけですが、さらにM1000RRが追加されたら、私の心が持たないと思い更なる引っ越しを決意します。

夢のガレージを持つ

そうして最後に行きついたのは戸建てを賃貸ではなく購入し、そこにガレージを作るということでした。四方がちゃんと囲われており、鍵がかかるガレージを手にすることで、同時に安息も手に入れたということですね。

また、せっかく作るのだからショールームみたいなガレージにしたいと計画し、内装はもちろん、機能、アクセス性もかなりこだわりました。
ちなみに中古戸建でしたので、本格的なビルトインガレージのようには作ることができませんでしたが、十分すぎるほど満足しています。

ガレージの効果

ガレージの最大のメリットは上記にも書いた通り、セキュリティの高さです。
よほどのことが無い限り盗難されるというケースはないと思います。

そしてメリットはまだまだたくさんあります。

  • 照明がついてるため24時間整備が可能
  • 鑑賞スペースがあるため、バイクと触れ合う時間増大
  • 汚れない

などです。

整備に関しては夜に差し掛かっても電気をつければいつまでも続けられますし、私の場合エアコンも付けたので、涼しい環境で整備が可能です。
鑑賞については置いてあるバイクを見ながら酒を飲むのが趣味の一環となっているので、いうことありません。

そして汚れないという部分。これが本当に素晴らしい。

私はこれまで10年以上バイクを保管してきましたが、最高の環境でカーポート的な屋根がついている駐輪場でした。

一番悪かったのがアパートの駐輪場です。
駐輪場は少しだけ車体がはみ出したりするので雨が降れば結構濡れます。カーポートはアパートの駐輪場に比べればはるかにましですが、それでも結構濡れました。地面が濡れれば、地面の水分が蒸発しバイクカバーの中に侵入し、錆を生みます。

そして埃です。風が吹いて様々な埃が舞い、バイクカバーの中にまで侵入してきます。これが結構厄介で、全然乗っていなくても日々汚くなっていきます。
しかし、密閉されたガレージの中ではこういった現象が全く起こらないので、ずっと綺麗な状態が維持されます。

わかっていたことではありましたが、この恩恵がかなり大きいと感じました。

バイクの価値も寿命も伸ばす

ずっと綺麗が続くということは各部品の寿命が延びていきます。水分はなくなるため、錆も発生しにくくなりますし、ゴム部品などは埃や紫外線を除去することで寿命が延びます。
これらが防げるだけでもメンテナンスサイクルは圧倒的に下がると思います。

そうなってくると、今後売るといったときに高い値段が付きやすくなりますし、プレミアがつくような車両などびっくりする値段になるかもしれません。
車種とタイミングによっては将来ガレージ分くらいの利益を生むかもしれませんね。

100万円でガレージを建設し、その中で保管していたバイクを売った時のことを考えてみます。
外にカバー保管だったら40万円だったバイクがちゃんと保管することで60万円で売れるかもしれません。そうなれば20万円もうけたことになり、ガレージの費用は80万円と計算できます。
それが続けば元が取れるかもしれないということですね。




豪華なガレージにする必要はない

私の場合かなりお金をかけて豪華なガレージを建設しましたが、はっきり言ってそこまでする必要はないと思っています。デイトナやイナバの物置などバイク1台分のガレージは、40万円くらいで購入することができますし、セキュリティ面は下がりますが、布でできたガレージもあります。

一度バイクを買おうと思うと当然バイクの事ばかり考えてしまうと思います。
保管のことなど「なんとかなる」という程度にしか考えないでしょうが、一度長期的に見て自分のバイクを大切に乗るという意味でもバイクガレージを検討してみてください。

ガレージを動画で紹介しています!よかったら応援お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です