CB1300SFからRnineTスクランブラーに乗り換え検討

今回はYoutubeにて「CB1300SFからRnineTスクランブラーに乗り換えを検討しているが、ロングツーリングで辛くないか、オプションはどうか」という質問をいただいたので、これに関して回答したいと思います。

ロングツーリング性能について

質問者様はシートが細く長時間の乗車時、お尻が痛くなるのかどうかという部分を気にされていました。ふかふかなツアラーとは違いRnineTのシートは細身です。またRnineTとRnineTスクランブラーでもシートの形状が違い、私もスクランブラーのシートに長時間またがったことがないのが正直なところです。

しかし、素のRnineTでの経験から話すと、シートの形状もありますが、どちらかというとハンドルが遠く、幅が広いことの方が疲れてくる印象を持っています。

ハンドルが遠いことでシートの前に座らなければいけなくなり、ポジションの自由が減ります。さらに幅広ハンドルのおかげで両腕を大きく開いてしまうため、それによっても前へ前へとポジションを強制させられてしまいます。
さらに幅広は、肩こりにもつながるのでCB1300SFに比べて普段疲れなかった部分が疲れてくるのではないかと思います。

しかしスクランブラーの魅力はどこでも走れるというオフロードよりの部分でもあります。オフロードバイクは基本的にコントロール上、幅広ハンドルを採用することがほとんどですし、見た目もその方が似合うということも言えます。素のRnineTと違い、交換すればいいという話ではないのでこの辺はスタイルとのトレードオフになると思います。

とは言え、そもそもRnineTは絶望的にロングツーリングに向いていないとは思っていません。CB1300SFに比べれば様々な部分に疲れがくるかもしれませんが、私も6、7時間運転してみてもう2度と長時間運転したくないとは思ったことがありません。お尻と肩、両腕が若干痛くはなりますが、それでも許容範囲の疲れかなと思っています。

私の場合は素のRnineTなので、そのうちハンドルを交換しようと思っています。もう少し体が下がればさらに快適になるだろうと思っていますのでその際はまたレビューをしてみたいと思います。

オプションについて

質問者様のオプションは、タコメーターと、右サイドバッグとのことでした。

まず簡単な方のサイドバッグに関してですが、これは賛成です。私もサイドバッグは購入しましたが、積載のないRnineTにあって損はない装備です。
また、右側のサイドバッグは左に比べて容量が大きいので片方だけつけるということであれば、右側をお勧めしたいです。それからスクランブラーには左側のバッグはつかないかもしれません。スクランブラーはマフラーがアップタイプなので、バッグと干渉するような気がします。
この辺はディーラーに問い合わせてみればわかるので左側もつけたい方は確認が必要です。

次にタコメーターですが、これは賛否あると思います。私が素のRnineTにした理由に、タコメーターが標準で付いてくるという部分もありました。原付などならまだしも、大型バイクにタコメーターがないなんてありえないという風に考えていたためです。

ですので私は迷わず素のRnineTを選択しましたが、実際に乗ってみると、このバイクあまりエンジンを回す気にならないんですね。到底レッドゾーンに入れることなどほぼないですし、レブリミッターもあります。RnineTの得意レンジは、中低速を低回転で走るという部分だと考えているので、実際にタコメーターを必要としたことはないのです。滅多にありませんがレッドゾーンまで回転させるというタイミングだけでしょうか。

また数万円で取り付けられるということであれば悩まず取り付けて良いものではありますが、ディーラーオプションでのタコメーターは95,722円〜105,512円と非常に高価です。私も所有する前は絶対にタコメーターが欲しいと思っていましたが、現在では、なくてもいいかもしれないとも思っています。(素のRnineTにはタコメーターが付いていますが)。

社外にはなりますがコンフォートなシートに交換したりツーリングに特化したバーツを10万円で賄うのもありかと思います。また、後付けもできるはずなので一度タコメーターなしで試してみるのもいいかもしれません。(後付けについてはディーラーに確認した方が良いかと思います)

背中推しポイント

RnineTの魅力はやはりスタイリングと、低重心による安定感です。CB1300SFとは全くの別物だと思います。フラットツインエンジンは4気筒に比べて刺激としては弱いですが、どんな速度域でもパルス感を感じゆっくり走っているだけでも気持ちい素晴らしいエンジンだと思います。

CB1300SFはほぼ完成されたバイクだと思いますので、それを比較対象に持ってくるとどんなバイクでも荷が重いかもしれませんが、RnineTシリーズは狙ってあの形に整えています。技術不足によりあの形になったわけではありません。ハンドルの遠さも広さも、シートの狭さも、あの形でなければRnineTにはならないのです。各部位が体に合わないなら物理的に交換して合わせていくか、自分の体を合わせるかということになると思います。

しかし、バイクとはいつだってそういう乗り物だと思います。あのスタイリングが気になれば乗り換えちゃいましょう!さらに言えばRnineTはCB1300SFに比べて走っている台数も少ないので希少さからくる満足度もえられると思います。質問者様が良い選択ができるよう応援しております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です