スクーターが気になるのに納期遅延により購入できない

私はこれまでバイクといえば、ネイキッドや、スポーツタイプと決めて購入してきました。バイクには他にもオフロードやアメリカンなど様々なジャンルが存在していますが、最近はスクーターも良いなと思っているわけです。今回はなぜスクーターを欲しいと思っているのかという話をしていきたいと思います。また、最近話題になっている納期遅延についても書いていきます。




スクーターの用途

まずスクーターと言っても様々な用途があります。ツーリングベースなのか、日常使いなのかということです。実はこの二つ、どちらも満たしたいと思っています。マルイチ(女性ライダー)は買い物に行く際に自転車を使用します。この自転車という縛りがあるおかげであまり遠くへは買い物に行かず、近場で済ませることが多いです。

車を使ってもいいのですが、我が家でいつも空いている車はポルシェ マカン。マルイチとしては乗りたくないといい、車の選択肢は無くなります。次にCB400SBを日常使いするかとなるとCB400SB自体、決して軽いバイクではないので取り回しが面倒であり、これも選択肢から外されます。そうして残ったのが自転車というわけです。

そのため、日常使いもできてツーリングにも使えるスクーターがあったら良いなと思っているのが現状です。

気になる車種

この「ツーリング」というものと「日常使い」というものは相反する条件となっていると考えており、ツーリングなら大柄でゆとりのあるスクーター、日常使いならコンパクトで機動力があるスクーターとなります。とりあえず気になっているマシンを上げていくと

  • C400GT(BMW)
  • PCX125(HONDA)
  • トリシティ125(YAMAHA)
  • CE-04(BMW)

といったラインナップに注目しています。

C400GT

まずC400GTですがこちらはBMWmotorradのビッグスクーターとなります。この対抗馬としては国産からも様々なバイクが出ていますが、BMWmotorradとの付き合いも多いので、もし中型クラスのスクーターを購入するのならC400GTかなと思っています。しかしお値段1,085,000円〜となっており、非常に高価なスクーターです。

PCX125

次にPCX125。これは最強の小型スクーターという位置付けで非常に人気のある車体です。他にもライバル車両はありますが、このクラスを買うならPCX125一択かなと思っています。ツーリングユースでは少し心もとない性能ではありますが、日常使いには非常に適したモデルです。お値段は357,500円となっており、超お手頃価格。保険も安いのがポイントです。

トリシティ125

次にトリシティ125。こちらは前2輪の3輪バイクとなっています。見た目としては全く好みではなく、ぶっちゃけ好きではないデザインではありますが、他のバイクに比べて圧倒的な安定感を有しています。そのことから日常使いでは雨でも、ちょっとした砂や段差でも安全に走行することが可能です。お値段は423,500円。PCX125より少し高いですが、そこまで差がないと思っています。

CE-04

最後はCE-04ですがこれはBMWmotorradから発売されている電気バイクです。新しい時代の乗り物となり、体験するという意味で気になっている存在です。電気バイクであるため、重量は231kgとなり、非常に重いスクーターです。また1回の充電で走れる距離は160km程度とされており、ロングツーリングなどには一切使うことはできませんが、日常の行動範囲の中では十分な距離といえます。また重いとはいえモーターであるため、バックが可能になります。そのため跨ったまま前後どちらにも進むことができるので意外と使い勝手は良いかもしれません。問題は価格で、1,687,000円と普通に高級バイク並みです。さらにリセールもあまり期待できないと予想していて、イメージと違ったから売るとなった場合、大きくマイナスになる可能性があると考えています。




現在の順位

ここまで注目している車両を挙げてきましたが、今の所の順位です。

  1. トリシティ125
  2. PCX125
  3. C400GT
  4. CE-04

といった順番になります。ツーリングでも使用したいとは思っているのですが、その辺はRnineTやCB400SBがありますのでそこまで出動回数は多くないのではないかと考えています。そのため、どちらかといえば日常的に使用することに重点をおいた方が良いかなと思い、1位はトリシティ125です。PCX125とは、僅差と考えてはいますが、雨の日に乗ることもあるでしょうし、フロント2輪というのは非常に心強い存在かと思っています。BMW軍団も魅力的ではありますが価格的に選択肢から外れそうです。良い中古などがあれば選択肢に入るかもしれません。

問題はすぐに変えない

問題は昨今の半導体不足などからくる納期遅延です。車もかなり遅延しているようですが、この波はバイクにもきています。先日HONDAに用事があったので、PCX125の納期を聞いてみたところ、「6ヶ月くらい待つかもしれない」と言われました。PCX125くらい大衆車であればそれなりに在庫されているのかなと思いきや、生産はやはりアジアでおこなっているということで車と同様に遅延が起きているということです。

本気で欲しいというのなら6ヶ月先を見越して今から注文を入れておく必要がありそうです。中古で購入するという方法もありますが、中古車市場が非常に高騰しており、新車価格とほとんど変わりません。それであれば少し待つことになりますが、新車の方がリセールも含めるとお得かなと考えています。




最後に

ということでスクーターが気になっているのに、すぐには買えないという話でした。いますぐスクーターが欲しいというわけではないのですが、ここまで納期遅延が起きているようであれば、先を見越して注文が必要になりそうです。逆にすぐには買えないということもわかり、ゆっくり落ち着いて欲しい車両を検討することもできるので、焦らず納得のいく車両を選択しようと思います。

関連記事

電動バイクの可能性を考えてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です