CB400SF、SBが生産終了

前々から予想されていたことですが、CB400SF、CB400SBが生産終了とアナウンスが正式にありました。今回の発表を受けて、CB400SBオーナーである私的にはどう感じているかなどを話していこうかと思います。いよいよ来たかという思いはありますが、これも一つの時代の流れなのだなと感じています。

関連記事

BMW乗りがCB400SB(NC42)を評価する




生産終了日程に関して

CB400SF、CB400SBの生産終了日程ですが、2022年10月生産分で終了ということになります。最終型式はNC42ということになりそうですね。CB400SFの初期型は1992年に販売開始されたということで約30年間製造さてきたと言うことになります。

CB400SF、SBは過去にも生産終了の噂が何度も出ており、私もそういった噂を聞き、CB400SBを購入した経緯があります。その際ディーラーから聞いた話では、多くのHONDA販売店が販売を続けてほしいと懇願したといっておりました。その結果、触媒を増やし、より高価な車体となりながらも販売が継続されていました。しかし今回は本当に最後ということになります。

我が家のCB400SB

さて我が家のCB400SBですが2019年式ということでNC42型になります。それから3年分新たな車体が製造されてきていますが、一応最終型と言えそうです。上記でも書きましたが、2019年以前から販売終了の噂は流れておりました。私としても販売終了する前に手に入れておきたいと考えて購入したわけです。

販売終了のアナウンスが出てから買えばよかったという話もあるかもしれませんが、当時は全く不透明な状況でした。結果、販売終了のアナウンスが4月末。10月で終わりとなれば仮に注文を入れても、そもそも割り当てられないということも考えられます。また、当時はマルイチの専用バイクを探していたので私としてはあのタイミングで良かったんじゃないかと思っています。

我が家のCB400SBは走行距離がもうすぐ1万キロに達しようとしており、バイクとしてはちょっと走っている個体ということになります。バイクは走ってなんぼということはわかっているのですが、走れば走るほど価値が下がるということを考えると少し複雑な気持ちになります。




私とCB400SBの思い出

我が家では基本的にマルイチがCB400SBに乗るのですが、私にはちょっとした思い入れがあります。私がバイクに乗り始めたのが16歳の時ですが、人生で初めて自分で所有したバイクがCBX400Fインテグラというバイクでした。

このバイクの製造年は私の生まれた年よりもさらに昔であり、よくバイクを「相棒」なんて言いますが私にとっては「兄貴」という感じで乗っていました。

この時期で既にCBX400Fの値段は100万円を超えており、到底買えるような車体ではなかったのですが、私の父が元々所有していたバイクで、それを譲り受けたました。車体も基本的にはノーマルで乗っていたので、見知らぬ人によく声をかけられ、バイクを見せてあげるなんてことも多々ありました。

我が家のCB400SBのカラーは「キャンディークロモスフィアレッド」。CBXカラーです。

CB400SFでこのカラーが販売されたときは「いつか絶対買おう」と決意したのを覚えています。また私の乗っていたCBX400Fは「インテグラ」という仕様になっており、今で言う「ボルドール」のような見た目です。CB400SBが我が家に来たときはCBX400Fインテグラに再び乗れるような喜びを感じました。

初まりのCBX400Fインテグラ、終わりのCB400SB

といったいった感じで我が家のバイクラインナップでも最後までガレージに残る車体なのではないかと思っています。

販売終了に向けて

販売終了に向けて私が何かすることは基本的にはありませんが、資産価値という観点から見れば、もう一台購入しても最終的には儲かる可能性を秘めています。長期保存用という形で所持し、車検もナンバーも取得せずワインのように眠らせる。ただの置き物と化すわけです。車業界では電気が中心となり始め、バイクがどうなっていくのかわかりません。しかし、間違いなく名車として高い価値が残るものだと思います。

もし私がもう一台購入するとしたらCB400SFでしょう。しかし乗らないバイクを何十年も保管して置くと言うのもどうかなと考えてしまいます。もちろん中には長期保管を計画している方もいると思いますが、私はそこまでせず、CB400SBを長く大切に乗っていくのが一番の選択かなと思っています。

次に狼狽える時が来るとしたら、パーツの販売が終了する時でしょう。そうなった時に様々な部位をリフレッシュする可能性はありますが今は特に何もしない予定です。




最後に

本当に「いよいよ来たか」と感じた発表でした。私としては既に所持していると言うともあり、特別どうしようと言うこともありませんが、購入を狙っている人は早めにオーダーを入れておいた方が良いかもしれません。またおそらくはファイナルエディションと言った特別仕様車も販売されるのではないかと思いますが、こちらは間違いなく即完売が予想されます。であれば今のうちに通常版の注文を入れるか、程度の良い中古を選択するのも悪くありません。

約30年の販売本当にありがとうございました。生産が終わっても我が家では可能な限り可愛がっていきたいと思います。

関連記事

女性目線で考えるCB400SBに乗ってて感じること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です