バイクのフルブレーキングしたことありますか?

直近で初めてのサーキット走行を終え、興奮が止まりません。早く次の走行を行いたいと思うほどサーキットにどっぷり浸かってしまいそうです。

さて、乗り物には加速、曲がる、減速といった要素が必ずありますが、今回は減速について話をしていきたいと思います。




フルブレーキングしたことありますか?

皆さんフルブレーキングって実際にやったことありますか?私はこれまでにゲームの中でしかフルブレーキングなどやったことはなく、実際にどういったものなのか全く知りませんでした。

逆に加速は誰もがやることだと思います。新しいバイクを買ってまず試したいのはフル加速。でもまだ慣らし運転中で早くレッドゾーンまで回したい!なんて思った人はたくさんいると思います。何なら全てのライダーが思うことかもしれません。

RACING PHOTO LOOP

実際にフル加速させてみると、バイクの種類にもよりますがとてつもない加速感を味わうことができ、これがバイクの魅力の一つでもあると思います。私もここでは書かないような速度を公道で出したことがあるとかないとか。

皆さんは仮にバイクをフル加速させた場合最終的にどう停車までもっていきますか?多分ほとんどの人は、仮に200km/h出した後、エンブレ状態でゆっくり速度を落とし、正規の速度にもっていくと思います。ここでフルブレーキングをかます人はまずいないでしょう。

加速はmotoGP選手並みのことに挑戦したことはあるが、フルブレーキングは実際にやったことがないという人が多いと思います。私もそうだったからです。

実際のフルブレーキング

さて、実際にサーキットでフルブレーキングをしてみたわけです。もちろん、私のフルブレーキングなどまだまだフルブレーキングといわれるようなレベルではありませんが、それでも160km/hから80km/hくらいまでかなり強くブレーキをかけました。その時の反応はちょっと忘れられません。

RACING PHOTO LOOP

M1000RRのブレーキは超一流といっても過言ではありません。その制動力を一気に使ったわけですから、体が思いっきり前に進もうとするわけですね。加速の場合は体が後ろにもっていかれると思いますが、その逆のことが起こります。

私はこれまで10年以上バイクに乗ってきたわけですが、この感覚は初めてでした。初めて大型バイクに乗ってフルスロットルした時のような魅力的な感覚。言葉では言い表すのが難しいですが、前にすっ飛んでいきそうになる体を腕とニーグリップで抵抗するといった感じです。

これが300km/hからだったらどんな動きになるのでしょうか。今はこれを試してみたくてたまらないわけです。

ブレーキは常に使う装備

ブレーキは日ごろから安全に走行するために絶対に必要な装備です。そのため、加速した分だけ減速をしてきました。ブレーキにも強い弱いはありますが、最大限まで使用すると、ここまで
違いが表れるのかと感動しています。

今私にとって一番ホットなキーワードは、「日常的と最大限」です。
ブレーキに限らず、日常的に使う何かを最大限までその能力を引き出したときに、全く違う感覚が返ってくるということです。こんなにも新しい感覚をもたらしてくれるのならばいろんなことで試してみたくなります。




最後に

バイクは私にとってまだまだ未知の部分がたくさんあります。サーキットを経験することでもう今までのバイク生活に戻れそうにありません。

これからサーキットを通して経験していきたいこととして、

・200馬力以上のバイクをフルスロットル
・300km/hからのフルブレーキング
・バンク角60度を目指す(これはたぶん無理)

といったこれらの加速、曲がる、減速の頂点ともいえる部分です。

どれも簡単ではありませんが、どんな感覚が生まれるのか楽しみで仕方ないです。
サーキットは少し敷居が高いのですが、皆さんも機会があれば是非は知ってみてもらいたいです。

間違いなくバイクの新しい一面を見ることができると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です