ペットと気軽にツーリングに行ける電動バイク「モペット」

みなさん動物はお好きですか?

私は(過去の話ですが…)動物園の年間パスポートを持っていたくらい好きだったりする。

子供のころは、大きい家に住んで大きい白い犬を飼うのに憧れていたりもした。

そして大人になった今、その夢が叶えられるかというとそういう訳でもない。

ペットが飼えない理由としては、毎週末にはツーリングに出かけたりキャンプをしているので、その度にペットをお留守番させることになってしまうから。

ペットホテルを利用したり共存する方法はあるが、ほぼ毎週末のことなのでペットがかわいそうだし、金額もバカにならない。

そんな時、某インターネット掲示板でとある記事を見かけた。

ペットとお出かけできる電動バイク「モペット」がクラウドファンディングで発売!

ふむふむ…これならペットをお留守番させることなく、一緒にツーリングに行ける!と思い意気揚々とスレッドを開いてみた。

モペットってどんなバイク?

モペットは「歩いていくにはちょっと遠い公園やドッグラン、お買い物にも車がなくても一緒に行ける。」というコンセプトのEバイク。電動モビリティを製造する中国のYIDI Technology社の製品を、日本のレストロジック株式会社が日本独占販売という形で、「Makuake」というクラウドファンディングサイトで先行販売しているのだそう。

折りたたみ式でコンパクトな車体が一見おしゃれな電動自転車かと思わせる外見だ。しかしウィンカーやサイドミラーなどの保安部品が装備されており、しっかり公道走行が可能となっている。10A 、15A、20Aとバッテリー容量は3種類あり、20Aモデルは最大60km走行可能とのこと。原付一種の免許があれば運転することができる。

値段はバッテリー容量によって変わってくるが、最大容量の20A モデルでクラウドファンディングでの応援価格146,860円(税込)。一般販売予定価格は209,800円(税込)。

ペットは座席の下のスペースに乗せることができる。サイズは横45cm×高さ33cm×幅21cmということで、小型犬〜小さめの中型犬を想定しているようだ。

バッテリーの充電時間は初回10時間で2回目以降は6時間とのことで、1日乗ったら夜のうちに充電しておくという運用になるだろう。

街乗り特化のバイク

商品画像を見てみて、私の想像する用途とは違うものだということにはすぐに気づいた…。

先ほども触れたが、モペットは折りたたみ式のコンパクト設計なため、本当にバイクかと二度見するようなデザインである。ロングツーリングを想定したものではないことは一目瞭然だ。これで丸一日運転したら私のお尻は死んでしまうだろう…。

休日には片道60km以上のツーリングをすることも多いので、フル充電してもどこかで6時間の休憩を取らなければいけなくなる。スーパー銭湯に行って仮眠を取っても、6時間過ごせる自信はない。

そうなると必然的に行ける範囲が決まってくる。コンセプトにもある通り、ツーリングに行くというより、少し遠くの公園やお店へのお出かけ用ということになってくるだろう。動物病院が家から離れている場合は病院に行くときにも便利かもしれない。

また、ペットの搭乗スペースは荷物を積み込むラゲッジスペースとしても使える。個人的にはお米や水など重い荷物を運ぶときには重宝しそうだと思った。

ペットとツーリングがしたい

しかし、私が欲しいのはペットとロングツーリングもできるようなバイクなのだ。ペットも一緒にお出かけを楽しんでもらえるようなバイクが欲しいのだ。

バイクでもリアキャリアにペットケージをつけたり、サイドカーをつければ一緒にお出かけできるらしい。しかし、転倒した際のリスクや、サイドカーを導入するコスト・保管方法などを考慮すると気軽に手を出せるものではないと思う。

ちなみにお世話になっているディーラーさんは、ペットケージをリアに乗せて走っていたら、ケージの扉が開いていて危機一髪だったことがあるそう…。

それに、お出かけを楽しんでもらえるかはペットの性格によるところも大きいと思う。一緒にツーリングがしたい!という前提でペットを迎えるのは、飼い主のエゴになってしまうこともあるので、今のところは家に住み着いている蜘蛛をペットだと思って仲良くしていこうと思う。

湖畔キャンプツーリング!周りにはワンちゃんとカヌーで遊んでいる人たちがいたり、とても楽しそうでした!

モペットの詳しい情報はこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です