ポルシェ スポーツクロノは必要なのか

さて今回はポルシェのスポーツクロノに関してです。このスポーツクロノは一部の車種を除いてオプション設定となっております。このスポーツクロノはポルシェの中でも議論の余地が多く、必要なのか不要なのか難しいところです。今回は私なりのスポーツクロノに対しての思いを話していきたいと思います。




スポーツクロノとは

ポルシェのスポーツクロノとは、ダッシュボード上に設置される丸型の時計となっています。これ自体はただの時計やストップウォッチ機能といった感じなのですが、最大の売りは「スポーツプラス」という走行モードが追加されるということです。

ポルシェにはノーマルモード、スポーツモードまで標準で装備されていますが、より過激な特性に変更できるのがスポーツプラスといった感じ。なぜ時計を装着するとスポーツプラスという走行モードも追加されるのかはわかりませんが、より速く走らせたい方にとっては必須なオプションとなります。

スポーツクロノは基本的にオプションとなっていますが、一部のグレードでは標準装備となっています。

なぜ議論になるのか

スポーツクロノの議論といえば必要か不要かという話です。標準装備となっているグレードでは議論も起こりませんが、ベースグレードなどではこれをつけるのかつけないのか大いに悩むことになります。しかし、このスポーツクロノというオプションは軽く20万を超える金額となっており、(車種によって違います)2、3万円のオプションなら迷うことなくつけるのでしょうがこの価格帯ということもあり、悩むポイントになっています。

後ほど詳しく書きますが、基本的にスポーツプラスモードを使うことは少なく、使う頻度が低いなら必要ないと言えるのかもしれませんが、このオプションは室内のかっこよさに大きく影響します。私個人としては、この時計自体をかっこいいとは思わないのですが、ポルシェ=スポクロ というイメージも強く、これがついてないとポルシェではないなんて思っている人もいるとかいないとか。また聞いた話では、ポルシェとすれ違う際にダッシュボードの膨らみを確認して、「スポクロがついてる」「スポクロがついてない」なんて話になることもあるそうです。

それほどにまで魅力満載なスポーツクロノですが、やはりダッシュボード上と、良く見えるところに装着されているという部分が大きいのではないでしょうか。例えばPASMやトルクベクタリングなどは見た目でほぼわかりません。(詳しい人はボタンのをみてわかるものもありますが) 目立つものだからこそ必要か不要かという議論が絶えないのかなと思っています。




装着時のメリット、デメリット

装着時のメリットはいくつかあると思います。

  • マシンの性能が上がる
  • 見た目が良くなる
  • ストップウォッチや時間をできる
  • リセールに影響する

などが挙げられます。この中で一番のメリットは「見た目」という人が多いのではないでしょうか。実際ポルシェに詳しくない人が、スポーツクロノがついていない車両に乗っても何も思うことはないと思いますが、少しでもポルシェのことを知っていれば、「これってスポクロついてないんだ」という会話に発展するかもしれません。

スポーツクロノ自体がいくらするかなどは知らないにしても、ポルシェ=スポクロ というイメージを持っていれば、スポクロがない=ケチったor無理して購入した なんてイメージを持たれるかもしれません。ポルシェの運動性は当然高いわけすが、所持した時のステータス性も高いといえます。その中でケチったであったり、無理してるなどといったネガティブなイメージを好まない人も多いかもしれません。

またリセールにも影響するという話も良く聞きます。実際にスポーツクロノが装着されている車体とそうでない車体でどれくらい買取価格が違うのかというのはわかっていませんが、もし10万円ほどの違いが出てくるのであれば、オプション金額をいくらか回収できるということになります。

逆にデメリットは、単純にオプション金額が高いということくらいで、お金に余裕さえあれば選択しておいて間違いないオプションともいえます。

私は実際使っているか

さて、私の話をしますが、我が家のマカンターボにはスポーツクロノが装着されています。当然私自身気に入っている装備になるのですが、スポーツプラスモードを使用しているかというと、ほぼ使っていません。極々稀にスポーツプラスを使いますが、マカンターボのスポーツプラスを最大限に活かそうとした場合、一般公道では無理があります。そもそも公道は速く走らせる場所ではないので必要はないのです。ではなぜ極々稀に使うのかというと、

気分

くらいしか言いようがありません。その機能が備わっているからモード選択してみたといった感じでしょうか。実際普通に気持ちよく走らせるレベルであればノーマルモードでPASMを一番硬くし、スポーツエグゾーストを入れ、マニュアルシフトにすれば楽しく走れてしまいます。サーキットなどをオートマチックに速く走るにはスポーツプラスで走らせた方が早いのかもしれませんが、マカンに関していえばそういったシーンで走らせることもないので完全に不要と言えるかと思います。

それでもスポーツクロノが気に入っている理由としては、私にとっては見栄であり、心を満たせるからなのかもしれません。「一般道しか走らないポルシェなのだからスポーツクロノは必要ない!」とキッパリと取捨選択ができる人は、所持するステータスよりも、自分に合ったポルシェというステータスを重視できているのかもしれません。

ちなみに私はもし次もポルシェに乗ることになるならば、スポーツクロノは確実に選択すると思います。そしてほぼ使わない置物になりながらも心は満たされていることでしょう。私もまだまだミーハーです。

そして使う使わないは関係なく、必要、不要を議論できるポルシェ スポーツクロノという装置は本当に魅力が詰まっていますし、人間の心理をついた素晴らしい装置なのかもしれません。




最後に

もちろんサーキットを速く走らせるためにスポーツクロノは必要であるという人もいらっしゃると思います。しかしポルシェをサーキットで使用しようと思える人は少ないでしょう。なので使いどころが基本的にないというのが多数の回答であると思いますが、それでも欲しいと思わせる魅力は本当に素晴らしいです。

人によってスポーツクロノをどういった理由で求めてるかわかりませんが、「一般公道で使うかもしれない」と思っている方がいれば、私は「ほぼ使わないのではないかな」とアドバイスします。しかし、使う使わない関係なしに、取り付けたくなるのがスポーツクロノです。今オプション画面と睨めっこしている方は大いに悩んで楽しんでみてください。

関連記事

マカンターボ乗りが素のマカンに乗ってみた感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です