レースではベリック10万円セットを着ている人がいない

バイクをサーキットで走らせるのには少々ハードルが高く、マシンももちろんですが、着るものにもお金がかかります。私はまず様子見という意味も込めて、ベリックの10万円セットというものを購入し、サーキットライフを楽しんでいますが、ちょっとしたレースになると着てる人が全くいないのです。




初心者の味方10万円セット

ベリックの10万円セットといえばこれからサーキットを走ってみようと思う方の大きな味方であり、

  • ツナギ本体
  • グローブ
  • ブーツ
  • プロテクターなど小物類(キャンペーン時のみ?)

が含まれ、税込11万円となっています。これまで私と同じ10万円セットを着用したライダーはたくさん見かけていました。過去に10万円セットは初心者マークのようだという記事を書きましたが、まさに初心者用といった感じで、走行会や、レン耐などでは本当に多くの方が着用しているのを見かけます。しかしそんな10万円セットもある程度のレベル帯に入ってくると誰も着用していないということがわかってきました。

しかし、この10万円セットではレースに参加できないといったことはなく、しっかりとMFJ公認マークがついておりますので、たいていのレースには参加可能です。なので出来る出来ないの話ではなく、好きか好きじゃないか、着たいか着たくないかといった話になりそうです。

NEO STANDARDではゼロ人

先日NEO STANDARDというレースに参加させてもらったのですが、10万円セットを着用している人はなんとゼロ人だったのです。普段はお揃いの人が山ほどいるのに、ここでは私1人。逆に10万円セットが普通のツナギのように見えてさえきます。やはりある程度走れるようになると、みんなそれぞれ好きなメーカーのツナギを着ているようですね。人によってはオーダーされている人もいると思いますし、繋ぎ本体だけで10万円など簡単に突破してしまいます。みんなそれだけサーキットにかける思いが強いのかもしれません。




なぜこんなにも少ないのか

しかし、なぜ10万円セットが少ないのかと考えてみると、

  • 初心者っぽいから
  • 初心者からレベルアップする際にボロボロになってしまった
  • つるしのツナギは体に合わないから
  • 個性を出したいから
  • 性能が良いから

などなど考えられるかもしれません。やはり初心者っぽいというのが一番なのではないかなと思います。私もある程度走れるようになって、つなぎがボロボロになったらちょっとお高いツナギをオーダーで購入したいなと思います。

性能に関しては、ツナギが高いからタイムが上がるということはないと思いますが、動きやすいと言ったことでタイムにつながることは考えられるかもしれません。

また10万円セットは基本つるしのサイズしか存在せず、ワンピースで作られているツナギはどこか一部分だけでも致命的に合わないと着用することができません。幸い私は今のツナギで大体ピッタリなのでそほど窮屈な思いもしませんし、動きにくいと思ったことはありませんが、つるしが合わないという悩みを持っている人もいるでしょう。さらにオーダーであれば自分で好きなロゴやデザインも入れられるので、個性を出すことが可能ですし、かっこいいツナギはモチベーションアップにもつながりそうです。

とはいえ私は結構10万円セットのツナギは気に入っています。元々派手なのはあまり好きではないので白と黒のカラーリングは個人的には好みです。

そしてこの眼力も睨みを効かせてて可愛いと思ってしまいますね笑 なんだかんだで私にはちょうどいいツナギです。




最後に

ということで本格的なレースになるとベリック10万円セットを着用している人がいなくなるという話でした。着ない理由は人それぞれでしょうし、最初から着ていない人もたくさんいると思います。しかし、現在10万円セットを着用している人で、今後小さなレースに参加するという人は、10万円セットがいない世界が待っているということを覚えておいてもいいかもしれません。

私は10万円セットで抜いてやる!くらいの気持ちでボロボロになるまで着ようかなと思っていますが、周りがお高めのツナギばかりでそれに合わせたいという方の場合は最初からちょっと奮発してもいいかもしれませんね。

関連記事

私はベリック10万円セットという初心者マークをつけたライダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です