ポルシェのローンは他の高級車と比べて高くなる

高級車と言っても現金で一括ポーンと買ってしまう人は少ないかと思います。多くの方が頭金と、ローンを組み、月々返済していくという形を取ると思いますが、ポルシェは他の高級自動車メーカーと比べて月々の返済金額が高くなる傾向にあります。今回はその辺の話をしていきたいと思います。




まずはどんなローンを組むか

ポルシェには

  • Porsche Power Lone
  • Porsche Auto Lone

の二つがあり、パワーローンの方が俗に言う「残クレ」と言うもの。オートローンは通常のローンとなります。オートローン、すなわち通常のローンを組む方はご安心ください、特別高くなると言うことはなく、車体の金額をきれいに分割されるだけなので毎月の支払いが高くなると言うことはなく、使った分だけ払うと言う感じです。このままブラウザバックでOK!

問題はパワーローンの残クレにて購入する場合です。残クレとは近年ほとんどの自動車メーカーで採用されている販売方法で、ざっくり言うと、

「3年後や5年後に車を返却する代わりにローン金額は半分くらいでいいよ」

と言うもの。もちろん残価率は車種によって違いますし、返却せず再ローンすることも可能です。

この残クレを選択した場合他の高級メーカーに比べてポルシェはどうしても月々の返済が大きくなっていきます。

オプションは据置金額に含まれない

国産車やパッケージ化されている外車などではオプションを選択することはあまりないかもしれませんが、ポルシェは山のようにオプションが存在し、それを選択してきます。しかしこのオプションは据置金額に含まれないのです。

計算をわかりやすくするために、車体価格900万円、据置率を50%、支払い回数60にするとします。(年利は無視する)その場合ローンを組む金額は450万円になると言うことです。あら不思議、900万円の車が450万円になりました!と言うのが残クレの魅力ですね。450万円を60回で割ると毎月の支払いは75,000円になります。(年利が入るので実際はもっと高くなります)しかしここにオプションを入れた場合、そのオプション金額は据置とは関係なくなるのです。

仮に100万円のオプションを入れたとします。車体価格が1,000円に・・・とはならないのです。900万円の車体に100万円のオプションということになります。ですので100万円÷60回で16,600円ほどが毎月の支払いに加算され、合計金額が91,600円になります。

もしオプションが全く必要のない1,000円の車を買ったらどうなるでしょうか、据置率は50%なので500万円のローンとなり、それを60か月で割ると83,300円となります。同じ1,000万円の買い物なのに、月々の返済は8,300円の差が出てきます。

ポルシェはノーオプションで購入することも可能ですが、キーレスにしたり、エアコンをオートにしたり、シートヒーターを入れたり通常の高級車に搭載されている装備をつけたい場合は全てオプションという扱いになります。100万円のオプションなど簡単に通り越し、200万円や300万円なんてこともあり得ます。そうなると上記に書いた通り、同じ金額でもローンの返済額が変わるといったことが起きます。では次に実際のシミュレーションを確認してみます。




実際のシミュレーション

今回比較するのは素の718ケイマンと、718ケイマンGTS4.0です。素のケイマンはノーオプションで7,290,000円。一方ケイマンGTS4.0は11,130,000円。と言うことでGTS4.0はそのままにし、素のケイマンのオプションで11,130,000円まで上げてみます。すると結果はこのようになります。

718ケイマンに、オプション金額3,836,000円 頭金なし 据置率40% 60回払いとした場合

718ケイマンGTS4.0に、オプション金額0円、据置率40% 60回払いとした場合

といった言った結果になり、月々の返済は

  • 718ケイマン → 156,600円
  • 718ケイマンGTS4.0 → 132,500円

となります。ほぼ同じ金額の価格なのですが、月々の返済は24,100円の差が出てきます。そもそも毎月この金額を返済するのかであったり、素のケイマンに400万円近くオプションを入れることはあるのかなど、ツッコミどころはありますが、要するに、ポルシェでオプション込みの金額と、パッケージされた外車と、同じ金額にしたとしても、残クレローンで購入した場合、ポルシェの方が間違いなく高くなると言うことです。もちろん、オプションを減らせば減らすほどその差は少なくなりますし、他の高級メーカーでもオプションは存在しており、そちらでも選択すれば同じように価格に反映されます。

ポルシェはオプションが多い分よりその傾向が強くなると言う話です。




最後に

今回は他の高級自動車メーカーに比べて、ポルシェの方が残クレにて購入すると毎月の支払い金額が高くなると言う話でした。これを聞くと、GTSシリーズがお得ということが良くわかりますし、他のメーカーの車と同じ金額だとしても同列に考えてはいけないと言うこともわかると思います。

ポルシェのコンフィギュレーターは非常に楽しく色んなオプションを入れて妄想してしまいますが、そのオプション金額は据置金額に反映されませんので十分検討して自分の最高なポルシェを作ってみてください。

関連記事

我が家のポルシェ マカンターボを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です